読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオンが人気 |

映画の方に興味があったのですが、暇がなくいけそうにもないので本の購入となりました。本屋に行く暇が無くて・・・映画の公開も近いので・・・速買いです。戦争自体は、避けてほしいことですが、そこでの心理戦、人としての在り方を考える作品です。

コスパがいい♪

2017年03月16日 ランキング上位商品↑

オリオン真夏のオリオン [ 飯田健三郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

「イージス」や「ローレライ」に比べてストーリーが単純でその分メッセージもストレートに伝わってくる感じがよかったです。この時代の戦争は、負け=死であったと思われる。久しぶりに登場人物に惚れました。それは、艦長の人柄ゆえの話なのかもしれませんが、今の時代にも必要な何かがあるような気がします。まだ読んでいないので届くのが楽しみ観に行きたいんだけど時間がなさそうなのでDVDが出るまで待つことになりそうです。この本も!そんな話だけど!何故か心が温まる話です。とても切ないです。それにしても福井さんの文章というのは,引き込まれます。監督の伝えたいものがどのように映像化されているかに興味があります。ただ、ローレライのようにさもさもCGというようではつまらないかな!朴訥な感じのする話ですが、「真夏のオリオン」をキーワードにうまく描かれていると思いました。福井さんだと思って買ったら、書いた人は違ってたんですが、読んでみるととても良かったです。水中と水上での戦いでは、相手の動きを予測して戦わなければならない。映画も見て、本も何度も読み返し、その際の本が汚損したので、再購入です。福井さんの作品は大好きなんで、とても面白かったです。この手の本は読みやすいので、まとまった時間にあっという間に読んでしまいました。最初から映像を意識しながら書いてるようなところもあるんですが,それでもつい時間を忘れ,眠さも忘れて読んでしまいました。イージス!ローレライがお好きな方はどうぞ。おそらく映像よりも迫力があるんじゃないでしょうか。テレビでこの映画を放送したのを観て!原作を読んでみたくなり!購入しました。小説の方がいいですね。どこかの文庫本のキャッチコピーにあった「読むのをやめるタイミングが難しい」です。映画を観る前に買って読みました。。最初と最後の場面が映画とは異なっていましたが!映画の場面が思い出されてよかったです。本を読み終えて!やはり映画をみたくなりました。是非!読むことをお勧めする本でした。