食い意地の最新レビューならココッ |

。自身の体験が沢山書かれていて、あ〜これ自分もアル、アル、となる部分が多い。シリーズにしてイロイロな食べ物を久住氏の視点で書いて欲しい。

こちらになります!

2017年03月16日 ランキング上位商品↑

食い意地食い意地クン [ 久住昌之 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

この人は食べることに興味が無い人なんだと思う。2013年11月26日読了 食べ物関係のエッセイ集。この本を素直に読めない人は!可愛そうだなト!食べ物に興味が無いんだなト!妬みが激しいんだなト!思わずにいられない。久住さんの作品「一人飲み飯肴かな」を読んだ後、購入しました。素直に読めば面白いと思う。身近な食べ物を久住氏の視点から掘り下げていくエッセイ。独断と偏見が心地よいったらありゃしませんねぇ。あと!量も食べれないっぽかったから!多分胃腸が弱いんでしょう。これでいいのだ。唯一、自分の思いを語っていたのがうなぎについてだけだった。一見食い物を書き荒らしている感じだが!氏の食べ物の知識が豊富で一つ一つの食べ物に愛着があるのが良くわかる。カップヌードルの回は、アルアル感があったが、そこまでする?感もあった。やはり同じ作者でそれほどネタはないのか!やはり共通するネタはいくつかありました。孤独のグルメのネタ元も入っています。そのうなぎへの思いも、「嫌い」という思いだったんだけど。普通。読んでいてそう思った。 脂っこいものが苦手らしい。しかし、まあそれほど気になることもなく、楽しく読みました。