読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドロール 購入でポイント獲得ならAmazonより「楽天」♪

でも探偵役が思い切り「沈思熟考型」なので、不満はありません。シリーズをまとめ買いしました。。

いまオススメの商品!

2017年03月16日 ランキング上位商品↑

ドロール愚者のエンドロール [ 米澤穂信 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

氷菓」!読みました?続編です。でも!オールマイティーな!ミステリー好きの人なら!読んでみるのもいいと思います。作者は秀才ですから。送料無料でポイントもGETです。面白く読みました。同じ著者の作品を続けて購入中。この価格の文庫なら、絶対買いです。ですが!米澤さんの作品が最近気になっているので!とりあえず古典部シリーズは全部読んでみようと思っています。偉そうな言い方ですが、「キャラクターが動き出した」……という感じでしょうか。又よろしくお願いいたしますm(_ _)mまだまだ作者の力量不足で!書きたいこと先行。このシリーズには殺人はでてこないみたいですのでそういうのが苦手な人にはよいかと思います。読んでなくても大丈夫だとは思いますが。前回氷菓事件を見事解決した折木奉太郎が!今回演劇部の書きかけの台本内容を推理する!というもの。シリーズものということで何となく読めてしまうという感じでしょうか。レビューは良いようですが!私の感想としては今一歩ですね。「氷菓」の続編なので!先にそちらを読むべきです。まあ!前作よりは!進歩している内容!文章なので!荒削りなのは!徐々に改善していくと思います。近くの書店になかったので注文しました。またお姉ちゃんパワー健在。早く三作目の「クドリャフカの順番」も文庫になってほしいですね。家族の要望で購入しました。でもやっぱり続編だから、氷菓を先に読むほうが、舞台設定がわかっていいと思います。文庫版をシリーズ4弾まで購入済みですので一通りさっと読んでみることにします。実際に、小市民シリーズは、問題なく面白い(*^^*)ですから。寒い中バイクで買い物に行かずにすみ(^^;、すぐには到着したのでありがたかったです。シリーズを読んだことがある人にはご存知。上手に隠してるな、フフフ、と思いました。やはり順番に読むのがいいですね。こちらの出来も素晴らしいのですが!よく読み込まないと!理解不能な場面もあるかも。……高校生って、こんなに頭良かった(語彙が豊富)っけ??(笑)最初にシリーズ最新作となる「ふたりの距離の概算」をシリーズとは知らずに読みました。古典部キャラは!相変わらず面白いですけどねぇ…その他の登場人物は!もう少しです。自分の高校時代にこんなに魅力的な仲間たちがいたかなぁと昔を振り返ってしまいました。ちょっと個人的に残念です。氷菓の続編です。名前からして!個性を出したいって感じは!わからないでもないですが!普通の名前の方が!より分かりやすく!スムーズに読めるかなと。アニメ化されいるとのことで中学生の娘の為に買いましたが!大人が読んでもなかなか面白い本でしたので!シリーズの最初から全て揃えました。シリーズの中では「愚者のエンドロール」が少しわかりにくいかも。シリーズもの?以降の作品も順次購入する予定です。派手なミステリー、トリックが、好きな方には、ちょっと向かないかな。のチャットで進行を示唆するとか、小技も効いてよくできています。表紙が今は教室?の椅子がたくさん並んでいる写真に変わっています。前作よりよりミステリ色が強いです。「氷菓」が楽しめたのなら、コチラも面白いはずです。タネがあちらこちらにわかりやすく配置されていながらそれによって肝心な所には目がいかないように工夫されているようにも見受けられ、解決とみえて、解決ではなく、さらには・・・みたいな展開で最後まで引き込まれていきます。ストーリー的には古典部シリーズの2作目で!「氷菓」の次の話になります。古典部シリーズ第2弾。『氷菓』につづくシリーズ第2弾今回はミステリー風の謎解きです。すごい味を出しています。彼らを取り巻く周囲も!なにかしらのもやもやを抱いていて。でも全体を通してスイスイと読める作品です。おもしろかったです。前作面白かったので、続けて買っています。笑ってばかりだった少年が鬱屈を抱き、天真爛漫(天衣無縫?)な少女がアイデンティティーに悩みだす。 もし間違って氷菓を読む前に読んでも、氷菓のネタバレはしないですね。最初は密室殺人ものかと読み始めましたがあくまで物語上!劇中劇として!でした。読んだことのない人は読んでからのお楽しみです。雑誌や本は重いのでこちらで購入しています。古典部シリーズの長編で!今回は「推理色」が前面に出されており!活動的な内容ではありません。ただ!疑問がひとつ。自分の性格故の(周囲との)軋轢に落ち込む少女もいれば!なぜかやたらと活動的になる少年もいる(ここだけは苦笑)。今回は前作と違い!切ないよりも甘酸っぱい青春の一ページという感じでしょうか。